2018/5/27 今週の仮想通貨関連報告などなど

2018/5/27の仮想通貨関連報告です。

基本的にはガチホスタンスなので動きは少ないのですが、今週は結構ニュースがありました。

coinExのエアドロップ祭り参戦

coinExは、世界初のBCH基軸の仮想通貨取引所であり、2017/12にスタートしています。現在は、取扱通貨を増やしつつ、取引板の厚みを増やすべく奔走しているといった状況のようです。

そんな中飛び込んできたのが、CETという取引所コインのエアドロップキャンペーンです。
新たに取り扱い開始となったXRP、SC、VEN、OMG、ZRX、LOOMといった仮想通貨をアカウントへ保有していると、それぞれ最大10000CETまで毎日配布されるという、大盤振る舞いのキャンペーンです。

CETの価格は、1CET=0.7円くらいですから、毎日7000円分前後のエアドロップがあるという俄かには信じがたい内容となっています。

しかも取引所コインといえば、バイナンスのBNBに代表されるように、10倍以上に高騰している銘柄も少なくありません(BNBは2018/5/27現在で時価総額34位となっており、他のアルトコインに劣らない規模感となっています。)

CETとして高騰を待つも良し、BCHなどに交換するも良し。取引所GOX等のリスクは当然ありますが、父親にもCoinExのアカウントを作らせて参戦するなど、私はフルコミットしております。

期間にも限りがありますので、まだキャンペーンを利用されていない方は、是非やってみてくささい。

coinExの公式サイトはこちら!!

XEM、RPXをナンピン買い

ゴールデンウィーク以降、仮想界隈の淡い期待と予想を裏切り、軒並み価格は下落しつつあります。5/27日現在、1BTC=800,000円を割るまでに下落しています。

そして、ビットコ兄貴につられて下落するアルトコイン。もちろん、アルトコインの下落率はビットコ兄貴よりも大きくなっています。

そこで、あまり良くないとは知りつつも、欲望に耐え切れずにXEMとRPXをナンピン買い致しました。特に、RPXに関しては、NEO系コインの筆頭銘柄であり、提携している中国企業も日々増えつつあるような状況です。いずれどこかのタイミングで反転し、NEOのような爆上がりを見せてくれるのではないかと期待しています。

万馬券NANJコインを大量購入

NANJコインというのは、「なんでも実況J」という2ちゃんスレ(?)から登場したコインで、2018/3からサービスをスタートしています。スポーツ選手に対する投げ銭を目的としていて、思想としてはMONAにも近いのかなと思います。ちなみに、スポーツにはeスポーツも含まれていて、日本人プロゲーマーとの提携や支援なども行っているようです。

現在は、coinexchangeやHitBTC等でしか購入できないコインなので、結構マイナーな部類に入ると思います。

で、なぜ私がこのNANJコインを購入したかといえば、単に「スケベ心」によるものです笑。coinexchangeのアカウントを作成し、250,000NANJ(約0.065BTC相当)を購入してしまいました。

かつて、MONAコインなども完全に草コインの扱いだった訳ですが、コミュニティが強く実際に利用されつつあったというベースに加えて、ビットフライヤー上場という大ニュースによって、あっという間に価格は急騰しました。2017/1の時点では3円前後だった訳ですが、2017/12には最高値2250円に到達するなど、大躍進を見せました。

そして私は、NANJコインにもMONAの影を感じており、「もしかして、100倍もあるんじゃね??」などと一人ニヤニヤしている訳であります。

何れにしても、この投資の結果が分かるまでには時間がかかると思いますので、気長に待っていようと思います。

国産コインが気になっている今日この頃

XEM盗難事件以後、マネックスグループに買収されたコインチェックですが、早ければ6月にも取引所(販売所)再開が検討されています。そして、再開に当たっては、REP、DASH、XMR、ZECといった匿名性の高いについては、上場廃止されることが決まっています。

さて、このニュースに関連して話題となっているのは、新たに追加となるコインの話です。

コインチェックとしては、基本的にはこれまでの路線を踏襲し、「多様なアルトコインを購入できる」という事を売りにしていく方針な訳ですが、次にどの通貨がラインナップに加わるかという事が俄かに話題となっています。

twitter界隈では、様々な噂が流れている訳ですが、個人的に一番あるかなと思っているのが、「MONA」「OMG」といった国産コインですね。特に、MONAについては既にビットフライヤーやZAIF等で上場しておりホワイトリストへ入っているので、結構可能性は高いと思います。

コインチェックは、スマホアプリのインターフェースの良さなどから、ライトユーザーによる購入が期待でき、上場→高値高騰もあるのではと思っています。

また、OMGに関しては、東南アジアを中心として既に決済利用されている仮想通貨であり、このプロジェクトの代表は日本人である長谷川潤さんです。SBIグループやSMBCグループなどが出資しているようですし、国内取引所上場については十分に可能性があると思います。まあ、コインチェックでなかったとしても、いずれビットフライヤーなどでの取り扱いも始まるのではないか、と期待しています。

ですので、MONAとOMGに関しては、近いうちに追加購入するかもしれません。

最後に・・・

仮想通貨投資は長期目線で考えていますので、購入→ホールドが基本です。XEMやRPXのナンピン買いについても、多少のスケベ心があったとはいえ、価格が上昇するまで気長に構えていようと思います。

ただ、保有資産に占める仮想通貨の割合が増えつつあるので、毎月少しずつ利確し、S&P500などの投資信託へ分散していくことも検討中です。

少し舵取りが難しいですが、引き続き相場を見守っていきたいと思います。