2018/6/6 今週の仮想通貨報告、ニュース XRPの本格利用開始!?

こんにちは、ゆるすけです。

2018/6/6の仮想通貨報告と、気になったニュースなどを書いていこうと思います。

今週もかなり動きがありましたが、特にリップル関連ニュースが熱い印象です。
それでは、どうぞ!!

XRPのポジティブニュースがてんこ盛り!!

毎日のようにポジティブニュースが出ているXRP(RIPPLE)ですが、今週のニュースは特にリップラーを喚起させる内容でした上のツィートの内容というのは、ほんの一例に過ぎませんが、本格利用が目前に迫っていることが伝わってきます。

他の通貨であれば、「〇〇と提携するかも!?」といった眉唾もののニュースでも通貨価格が暴騰するという感じですが、XRPの場合にはその2段階くらい上を行っています。

特に、「大手FX業者によるxRapidの国際送金テスト成功」というニュースは、通貨価格に極めてポジティブです。なぜなら、これまでアンチリップル派の代表的な意見として、「リップルのソリューションは利用されるかもしれないが、それは必ずしもXRPの利用を意味しない」というものがあった訳ですが、それを真っ向から反論するものだからです(xRapidはXRPを利用します)。

もちろん、現段階では送金テスト段階ですので、XRPの本格利用までには幾つものステップがあることは私も理解していますが、利用に向けて着実に前進していることが伺えます。

ただ、2018/6/6現在は1XRP=73円前後であり、価格への反映は鈍いです。まあ、いつもの事ですから、気長に見守っていきましょう。

coinexのエアドロップ収入がエグい!!

先週の記事でも、BCH基軸取引所であるcoinexのエアドロップについて触れましたが、最終的に貰えた通貨の時価総額がエグい事になりました。その結果がこちら。

2018/6/6現在、1BCH=約125,000円ですので、トータルのエアドロップ金額は日本円にして約225,000円となりました。XRP等の通貨を新興の取引所に1週間程度放置というリスクこそ取りましたが、基本的には何もせずに20万円以上獲得できた訳で、如何にお得なキャンペーンであったかが分かります。

現在、CETの保有数量に応じてTRXを配布するというキャンペーンも走っています。

しかも、CETの価格は現在爆上中。バイナンスのBNBといった取引所通貨が軒並み価格上昇していることを考えると、エアドロップの時価総額は更に高騰していくものと思われます(いやー、両親も動員してCETのエアドロップキャンペーンに参加した甲斐がありました)。

今後も、新たなコインが上場となる度に何らかのキャンペーンが展開されるものと想定されますので、今のうちに取引所の開設をしておくことをお勧めします(バイナンスなどは昨年、口座開設が殺到しすぎて新規募集停止したりしてます)。

よろしければ、どうぞ!!

CoinExの公式サイトはこちら!!

SKILLコイン購入しました!!

coin exchangeにて、SKILLというコインを2,000,000枚購入しました(約0.05BTC相当)。

正直なところ、「日本発の仮想通貨案件」という以外は知りませんので、完全な投機です笑

ただ、草コインは「〇〇取引所上場!!」といったニュースでも簡単に急騰します。短期的に見ても、CryptopiaやYobitといった取引所であれば、上場という可能性は十分にあると思います。

また、NANJコインの例などを見ていると、「運営組織の法人設立」といったニュースもポジティブと捉えられて高騰要因になるようですので、期待せずに待ってみようと思います。

目指せ、MONAコイン!!

Hitbtcの日本人向けサービス停止!?

日本人にも人気があり、草コインの取り扱いも多いことで有名なHitbtcですが、「日本ユーザーの利用停止」を突如発表しました。一応、6/15までは利用できるようですが、何れにしても保有通貨の移動などを迫られそうです。

現在のところ、Hitbtcだけの措置となっている訳ですが、これが他の取引所へ波及していく可能性も十分に考えられるわけで、特にICOしたばかりの銘柄を取り扱う取引所などが「怪しい」と言われています。

その取引所には、当然CryptopiaやYobitも含まれる訳ですから、個人的には結構気が気ではありません。引き続き、関連ニュースを追っていこうと思います。

(尚、Hitbtcに関しては、現在は日本法人設立の上で取引所開設を検討しているようです。)