バイナンス草コイン投資!!投資基準とそのメリットとは

H29/12/29より、BINANCE草コイン投資を本格的に開始し、早くも元手2.7BTC→5.7BTCに増加している訳ですが、「どういう基準で、投資対象を選んでいるのですか?」という質問をtwitterでいただいたので、その点について解説していきたいと思います。

草コイン投資の概要、ルール

(1)1通貨の単価が安く、それなりに取引量のある通貨を対象とする

1通貨=1ドル以下の通貨に投資するようにしています。単価が安ければ安いだけ良いと思っているので、可能であれば1通貨=10セント以下がオススメです。H29/12/31時点でも、POE、MANA、FUN、TNB、CND、TRXといった通貨は10セント以下で取引されています。

取引量に関しては、ボーダーラインが難しいのですが、1日の取引量が300BTC程度あった方が良いと思います。あまりにも取引量が薄いと、自分自身の購入によって価格をつり上げてしまったり、売却したいタイミングで全然売却できなかったりします。草コインとはいえ、多少の流動性は欲しいです。

ただ、取引量が少なく期待されていなかった通貨に好材料が出た場合、意味不明な上昇率を見せることもあります。過去の例では、モナコインなどがそれに該当すると思いますが、ビットフライヤー上場といったニュースによって年初3円前後だった価格はピークで2300円前後、年初来700倍という伸びを見せました。

ですので、取引量については、あまり参考にしなくても良いかもしれませんね。

(2)複数の草コインに対して、一定金額投資する

1単位=1ドル未満の通貨に対して、可能な限り多くの種類の通貨に投資したいと考えています。ですので、概ね単価の安い通貨から順に0.05~0.10BTC相当分を購入するようにしています。購入金額に関しては、ガチガチには基準を定めておらず、ある程度裁量をもって投資しています。

新たな投資資金が発生した場合には、既に投資している通貨に対して追加買い増しをするというよりは、まだ投資していない草コインに投資するというのが基本スタンスです。ただ、ツイッター等でしばしば名前が出る銘柄に関しては、追加購入することもあります。最近では、TRON(TRX)の名前がよくタイムラインで登場するので、何度か買い増ししたりしました。

草コインは、どの通貨が爆発するのかは誰にも分かりません。ただ、爆発した時の破壊力は凄まじく、XVGという通貨に関しては年初来約10000倍(!!)という成長率を記録しました。もはや意味不明です。ですので、「投資する草コインの数は、多ければ多い方が良い」と思っています。

(3)売却利益は、また新たな草コインの投資原資とする

購入単価の数倍となった時点で50%程度売却し、売却資金は新たな草コインの投資原資とします。

草コインは時価総額が小さいという事もあり、材料が出ると1日で数十パーセント、場合によっては100%以上の上昇率を見せます。値動きも荒い為、いつ売却するべきかという事は非常に難しいので、価格上昇後も全ては売却せず、一部だけを売却して新たな投資の原資にしています。

ただ正直、売却関しては明確なルールを定めていませんので、価格高騰後も更に上昇の材料があるという事であれば、そのままホールド銘柄とするかもしれません。

尚、上の写真は、ある日のバイナンス(BINANCE)の24時間上昇率上位7銘柄です。

このように、通貨単価の小さい銘柄を中心として、1日で150%以上の上昇率を見せる通貨が、毎日発生しています。

ゆるすけ流バイナンス草コイン投資のメリット

(1)投資銘柄の選定方法が簡単

基本的には、投資対象の選定基準は、「取引量」と「通貨の単価」の2つのみです。知っていれば知っているに越したことはありませんが、 「その通貨が、どのような特徴を持っているのか」といった点については、特に調べる必要はありません。

「投資として、本当にそれで大丈夫なのか?」という質問がありそうですが、私は大丈夫であると思っています。

バイナンスというのは、H29/12/31現在、世界最大の仮想通貨取引所であり、約90種類の通貨を上場させています。日本の取引所であるコインチェックなどは13種類ですから、バイナンスでは珠玉混合の通貨を取り扱っている印象ですが、決してそうではありません。バイナンスにも、当然上場の基準はありそれを満たした通貨以外は上場できませんし、現に世界には1300種類以上の仮想通貨があると言われていますが、取扱数は全体の10%以下です。

つまり、バイナンスに上場している銘柄というのは、「バイナンスという世界最大の仮想通貨取引所が認めている通貨」であり、その時点である程度の「まともさ」が担保されています。中には、本当のダメ通貨もあるかもしません。しかし、そうした「ババ」を回避する為に分散投資しているのです。

(2)草コインの高い成長率を享受することが出来る

草コインは、一般的にはビットコインやイーサリアムのような主軸通貨に比べて、高い成長率が見込めます。安定的だが低成長の先進国と、変動は激しいが高い成長率の新興国のイメージに近いですね。

ですので、草コインを投資対象に混ぜることによって草コインの高い成長率を享受し、保有ポートフォリオの成長率を高める効果が期待できます。
ポートフォリオの一部に草コインを混ぜるだけで良く、私の場合には保有通貨全体の20~30%前後になるように調整しています。

先ほども書いた通り、たった1年で10000倍成長するような「モンスター草コイン」も存在する訳で、年初にたった1万円分だけ保有していれば、それだけで億り人ですからね。宝くじを買うよりは、よっぽどマシな投資対象だと思います。

最後に・・・

相場環境が良好であるという事もありますが、バイナンス草コイン投資に関しては、開始早々に結果が出るなど、かなり有望な投資方法だと思っています。実証実験の結果次第では、草コイン投資割合を20%から更に引き上げても良いかなと思っています。

また、様々な草コインに投資していると、毎日何かしらの通貨で暴騰が起きていて、非常におもしろいです。ご興味を持たれた方も、是非草コイン投資してみて下さい。

ちなみに、バイナンスは海外取引所ではありますが、使いやすさ・取引量の多さ・サーバーの強さなど、いずれをとっても優れていますし、何よりも日本語対応しています。本人確認が未済でも2BTC分までは入金可能となっていますので、是非試してみて下さいね。

BINANCE(バイナンス)の公式サイトはこちら!!