話題の取引所トークンCETまとめ!!私が考える4つの爆上げファクター

現在、仮想通貨界隈で最もホットな通貨といえば、取引所トークン。

BINANCEのBNB、KucoinのKCS、HoubiのHTなど、取引所が発行するトークンが軒並み価格が高騰しており、BNBに関しては時価総額で17位というポジションにつけております。

そして現在、第2、第3のBNBを探せと界隈が躍起になっている訳ですが、その候補の筆頭と考えられているのがCoinExのCETです。まだ、知名度は高くありませんが、ポテンシャルは十分にあると思いますよ。

では早速、CETとはどのようなコインなのか?、私がなぜCET価格が高騰すると考えているかについて、解説していこうと思います。。

そもそも、CoinExってどんな取引所?基本プロフィール

  • 大手マイニングプールであるViaBTCと同一のCEOが運営
  • 世界初のBCH基軸の仮想通貨取引所
  • 2017/12から取引所スタート

ViaBTCは、ハッシュレートで約9.2%程度のシェアを誇る、世界第6位のマイニングプールです。その代表者であるHaipo yangがCoinExのCEOも兼務しています。ですので、実質的にはViaBTCの子会社と言っても良いと思います。

そんなCoinExですが、設立当初から話題となっていました。それは、ほぼ全ての仮想通貨取引所がビットコイン(BTC)基軸である仮想通貨業界において、世界で最初にビットコインキャッシュ(BCH)基軸を打ち出した取引所だったからです。

ビットコインは、スケーラビリティや送金速度の面において大きな欠陥を抱えている訳ですが、そんなBTCとBTC基軸の取引所に挑戦状を叩きつけたのが、CoinExだったという訳です。詳しくは、こちらの記事も参照してください。

世界初のBCH基軸取引所 CoinExの解説&レビュー!!

では、取引所の話題はさておき、なぜCETが伸びるポテンシャルがあると考えているかについて、解説していきたいと思います。

CETの魅力はコレだ!! 重要ポイント4点

(1)取引所に話題性が豊富

前述の通り、大手マイニングプールであるViaBTCと同一のCEOが運営という事や、世界初のBCH基軸の仮想通貨取引所である事など、CoinExは人々の注目を惹きつける「特徴」を備えています。

それだけでなく、更に注目すべきなのが、CoinExが展開する様々なキャンペーンです。

2018/5に展開されたキャンペーンの例を挙げると、

  • 2XRP=1CETの割合で、CETをエアドロップ(最大100000CET)
  • 1OMG=5CETの割合で、CETをエアドロップ(最大100000CET)
  • 2LOOM=1CET1の割合で、CETをエアドロップ(最大100000CET)
  • CETの保有量に応じて、TRX・HSR・KANなどをエアドロップ

といったものがあります。

これはすごいキャンペーンで、当時は1CET=約0.7円でしたので、ただただXRPを取引所においておくだけで毎日7000円くらいのエアドロップがあり、10日間参加すると計7万円分のCETトークンがもらえるというものでした。私も、計20万円分以上をエアドロップにより獲得しました。

こうしたキャンペーンが定期的に開催されている事から、twitter界隈ではその度にお祭り騒ぎとなり、取引所に対する認知度と利用者数が飛躍的に増加することに貢献しています。CoinExは、マーケティング戦略に優れた取引所と言えると思います。

(2)CETの利用シーンが複数ある

これは、他の取引所通貨にも言えることですが、CETにはいくつか実利用できる用途やメリットが存在します。

それが、

  • CETの保有数量に応じて、エアドロップがもらえるキャンペーンがある
  • CETを利用することで、売買手数料を削減できる(予定)
  • CoinExへの通貨上場の投票に利用できる(予定)

といったものです。

CoinExは2017/12設立の新興取引所なので、利用用途は今後に期待というところですが、近い将来実現するものと思われます。個人的には、まだこれらが実現されておらずCETの価格に反映されていない為、安く仕入れるチャンスだと思っております。

(3)中長期的にはバーンで数が減り、価値が上昇する

CoinExに関しては、今後3ヶ月毎に、取引所利益の20%をCETのバーン(償却)に充てる事を発表しています。つまり、CETの数が減れば減るほど、1CET当たりの価値は高まっていく事になります。

現在のところ、CoinExの取引高はそこまで多いとは言えません。しかし、ViaBTCの資金力を背景としたキャンペーン等によってユーザーを増加させることで、CoinExの仮想通貨取引所としてのプレゼンスは高まっていくものと推測されます。

そうなれば、取引手数料として利用されるCETのバーンと相まって、CET価格はBNBのような軌跡を描いて価値上昇していくのではないかと思いっています。

(4)今トレンドの取引所コインである

「結局、その理由かよっ!!!」というツッコミが聞こえてきそうですが、結構大真面目です。

結局のところ、「いかにして注目を集め、取引量を増やすことができるか?」という実用途以外の部分も非常に重要だからです。仮想通貨界隈において、今間違いなく「取引所コイン」が注目を集めています。

このトレンドは、いわば起爆剤でありブースターです。現在の取引所コインは、他の仮想通貨に対して下駄を履いている状態です。

人々の関心が集まっている今だからこそ、一つの仮想通貨としての地位を構築できるのだと思います。そして仮に、いつか取引所コインブームが去ったとしても、時価総額で上位通貨の位置をキープできるのだと思います。

CETについてのまとめ

CoinExは後発の取引所であり、取引所としてのプレゼンスを向上させていくことは容易ではないかもしれません。しかし、ViaBTCの知名度と資金力を利用できるCoinExであれば、十分に世界トップクラスの取引所になれると思います。そして、CETの価値も向上していくものと思います。

私の希望的観測も大いにあるかもしれませんが、CETは非常に有望な仮想通貨の一つです。下手なICOコインに手を出すくらいであれば、CETを購入することをお勧めします。CETやCoinExが展開するエアドロップ等に興味を持たれた方は、是非登録してみて下さい。

CoinExの公式サイトはこちら!!