仮想通貨の販売形態で、コストが全然違う?販売所と取引所の違いを徹底解説!!

仮想通貨の購入するには、取引所に口座開設を行う必要があるのですが、実は購入には幾つかの形態が存在しています。これをしっかりと理解していないと、割高に仮想通貨を購入することになりますよ。この記事を読んで、しっかりと理解して下さいね。

販売形態には、主に2種類ある

(1)販売所方式

販売所形式は、「小売店」のイメージです。

小売店は、店舗独自のルートで商品の仕入れを行い、顧客へ販売します。販売価格の設定はその小売店の自由ですが、当然他の小売店も存在していますので、法外な値段を付けることは出来ません。ですので、他の小売店と競争できる水準であり、かつ最大限小売店の利益になるように値付けを行う訳です。

そして、ここでいう小売店というのが、販売所形式の仮想通貨取引業者です。代表的な販売所がcoin checkやGMOコインですね。また、bitFlyerに関しても、ビットコイン以外の通貨は販売所形式です。

(2)取引所形式

一方で取引所形式は、それとは異なります。取引所はあくまでも、取引を行う為の「場」を提供するに過ぎません。

実際に取引をするのは、仮想通貨を買いたい人と、仮想通貨を売りたい人です。取引所は、個人対個人の取引を結びつけているに過ぎません。

上の写真では、左側に売りたい人(数量)の列が並び、右側に買いたい人(数量)の列が並んでいます。それぞれの思惑が一致し、売りたい値段=買いたい値段となれば、約定(=取引成立)となります。前述の通り、個人と個人の思惑が一致したポイントで売買が成立しますので、取引所が利益を得るような仕組みはありません。

ちなみに、代表的な取引所としてはZaifが挙げられます。また、ビットコインに関しては、coincheckやbitFlyerも取引所を有しています。

販売所と取引所では、どちらが安く買えるのか?

ここまでの説明で何となくお気付きだとは思いますが、「より安く購入できる可能性が高いのは、取引所形式」です。また、同じことですが、より高く販売することができる可能性が高いのも「取引所形式」です。

販売所形式の場合、自社の利益を仕入原価に上乗せした上で仮想通貨の販売金額を決定する訳ですが、取引所はあくまでも取引の「場」を提供するだけであり、利益を上乗せすることはありません。

ちなみに、販売所はどの程度利益を上乗せしているのでしょうか?。実は、明確な答えはありませんし、取引所によっても需給状況によっても違います。ただ一つ言えることは、取引所の手数料は非常に高いということです。

例えば、bit flyerの販売所やcoin checkの販売所を見ていると、手数料は大体時価の2%〜5%程度。時価が1BTC=900000円とすれば、2%の手数料であれば918000円で購入でき、882000円で売却できるということです。5%の手数料であれば、945000円で購入でき、855000円で売却できるという計算になります。ちなみに、通貨の暴騰暴落時には上乗せ分が更に高騰する傾向があり、10%以上というのも見たことがあります(!!)。

仮に手数料が5%だったとすると、ある通貨の価格が10%以上上昇しない限り、売買益を得ることができないという計算になります。

一方で販売所に関しては、取引の場の提供料金として、指値注文の約定金額×0.1%といったような手数料を取ることはありますが、販売所の手数料に比べれば誤差のようなものです。「マイナス手数料」と言って、約定金額×0.1%を注文者へキャッシュバックする業者すらあります(Zaifなどがそうですね)。

ですので、基本的には取引所形式の仮想通貨取引所を選ぶべきです。もちろん、上場している通貨は取引所毎に異なりますので、最も有利な取引所を選択するようにして、取引コストを節約しましょう。

別記事で、主要通貨別のオススメ取引所も紹介していますので、合わせてご覧下さい。

主要14種類!!一番安く購入できる国内取引所を仮想通貨別に教えます!!

ただし、例外もある

前述の通り、基本的には「販売所=手数料分だけ価格が高い」という認識で間違い無いのですが、一部例外があります。

それが、GMOコインです。仮想通貨販売所でありながら、スプレッド(販売所の収益分)が非常に小さく、状況によっては取引所よりも安く購入できる可能性があります。例えば、その最たる例がライトコイン(LTC)ですね。

ライトコインの販売所であるbitFlyerでは、スプレッドが1113円(上の写真)。それに対して、GMOコインの場合では、スプレッドがなんと100円!!(下の写真)。正直、取引所であったとしても、100円以上のスプレッドとなる事は珍しくありませんので、いかにGMOコインの手数料が少ないかが分かります

ですので、GMOコインは販売所ではありますが、非常に安く通貨を購入できるというように、例外として認識しておきましょう。取扱い通貨も毎月増加していますので、口座開設必須です(2017/11にはXRP、2017/12にはETCを上場予定)。

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】

ちなみに・・・


ちなみにという事で、クレジットカードによる仮想通貨購入についても言及しておきたいと思います。

クレジットカード購入というと、「クレジットカードで仮想通貨を購入してポイントを得れば、超お得じゃん!!」などと考えがちですが、ここにも落とし穴があります。

例えば、bitflyerでもクレジットカード購入が可能となっています。しかし、明確には公表していないものの、クレジットカードでの購入手数料は、販売所での手数料を数%上回っています(購入タイミングによって異なります)。高い手数料に、更に手数料が上乗せされるというイメージです。

そもそも、クレジットカードの利用に対しては、消費者には手数料は発生していませんが、加盟店(この例だとbitflyer)は手数料を払っており、それレートは使用金額の3%程度です。つまり、加盟店にとっては、クレジットカードを利用する顧客というのは現金の場合に比べて追加コストがかかる訳ですから、全てではないにしても、その追加費用分は購入価格に転嫁されていると考えるのが自然です。

いずれにしても、ポイント欲しさに仮想通貨をクレジットカード購入するような事はやめましょう。