クラウドマイニング大手「Genesis Mining」の追加募集締切!! 私も、投資しました!!

 

クラウドマイニング大手の「Genesis Mining」では、数量限定で新規募集を行っておりましたが、定数到達により募集を締め切りました。
前回のプレ募集は4日で終了、今回の追加募集分も4日で完売となったようです。

 

サイト主も、申し込みました!!

そんな訳で、私も5.0TH/sのハッシュパワーのプランを購入しました。人柱としては、「リスクある投資案件に、率先して申し込まなければいけない!!」という謎の使命感にかられて申し込んでしまいました。

一応無制限プランですので、genesis miningが終わらない限りは永久的にマイニングを行ってくれるようです。ただ、他社のサービスでは、当初無制限だったものが「1年制限」に突如変更になったという例もありますので、実際にはどこかでプラン変更されてしまうのかなと、思っています。

現在のマイニング対象については、一応100%ビットコインに設定しています。ただ、マイニングのスタートは、2018/3/15予定です。4ヶ月近く先の将来の話ですので、気長に待ちたいと思います。

 

マイニングの収益性について

 

こちらのサイトによれば、私の購入した5.0TH/sの場合、計算上231.02ドル/月の報酬が得られる見込です。紹介割引を利用し819.65ドル(約9万円)で購入した為、単純計算では4ヶ月程度で投資資金が回収できる模様です。ただ実際には、毎月のマイニング報酬からgenesis miningのメンテナンス手数料が差し引かれますので、実際にはもう少し時間を要すると思います。

それでも、少なくとも1年内には投資資金が回収できるという見込になる訳ですが、「そんなにうまい投資話があるのか」と多少懐疑的な面はあります汗。まあ、「人柱として実証実験を行って記事ネタにしたい」というつもりで申し込みましたので、収益性などについては、追って実績報告していきたいと思います。

ちなみに上記の計算は、ネットワークハッシュレート、1BTC当たりの値段、1ブロック当たりのマイニング報酬、ハッシュレート計算に費やす時間が、「現在と変わらなければ」という前提の元で作成されています。

ですので、採掘難易度が上がったり、マイナーが増えて採掘が減ったり、ビットコイン価格が暴落したりすると、当然収益性は下がります。また、1ブロックのマイニング報酬については現在は12.5BTCですが、2020年には6.25BTCになることがほぼ決まっています(暴動が起きなければですが・・・)。いずれにしても、収益計算は様々な仮定の下に計算されていますので、「参考程度」とお考え下さい。

 

ちなみに・・・

Bitcoin、DASH、Litecoinについては募集を終了しましたが、Zcash、ethereum、moneroのクラウドマイニングに関しては、まだ募集継続中です。興味のある方は、申し込んでみてください。ちなみに、プロモーションコード「Dx9iSf」を申込時に記入すると3%割引が利用できます。よろしければ、活用して下さい。

https://www.genesis-mining.com/