暴落と暴騰を繰り返しながら急成長する仮想通貨は、投資対象になり得るのか??

これから仮想通貨市場に参入し、資産運用の一環として投資してみたい初心者の方は増加し続けています。しかし一方で、「仮想通貨市場は、バブルだ!」「中央政府のいない通貨なんて、通貨ではない!」などといった批判も多いです。

そこで今回は、実際に仮想通貨の世界に飛び込んで通貨を購入しつつ、日々情報収集を行っているサイト主が、「仮想通貨は、投資対象に含めるべきか?」というテーマで書いていきたいと思います。

仮想通貨の現状とサイト主の認識

現在の仮想通貨市場は、正直バブってる印象はあります。

「仮想通貨は、世界中の人が注目し投資を行っているのだから、これくらいの成長率は想定内だ」という意見もあるかもしれませんが、それにしても価格の上昇率が急すぎます。

特に、2017年はそれが顕著です。ビットコインに関して言えば、2017/1/1の価格が約115,000円だったのが、2017/11にはビットコインキャッシュとの合算で1,000,000円を突破しています。年初値の+800%の水準です。

ちなみに、仮想通貨市場自体は、ビットコイン単体の成長率を上回るペースで成長しています。2017/1/1は17.8bUSD(約2兆円)の規模でしたが、241bUSD(約27兆円)と1000%以上に拡大しています。ビットコイン以外の、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)といったアルトコインは、2017/1/1以来40倍以上の成長を見せています。もはや、意味不明です。

こうした状況を考慮すると、いくら成長産業だとしても少し資金流入が多すぎるだろうと思ってしまいますよね。

しかも、少し前までは、それっぽいホワイトペーパー(事業計画書のようなもの)を作成しICOを行うだけで、数十億から数百億円単位の資金が簡単に集まっていましたし、転売すればそれだけで利益が出るという状況でした。日本でも、ZAIFが運営するICOプラットフォームには100億円以上の資金が集まりました。今はそれが少しは落ち着いたにしても、「ICOで数百億円調達」という案件はしばしば出回っています。

さて。こうしたバブル気味な状況にある仮想通貨市場ですが、これから参入しようという初心者の方は、それでも参入するべきなのでしょうか?

それでも、私の見解は・・・

先ほどの状況を考慮しても、「仮想通貨に対して、投資をするべし」というのが私の見解です。ただし、総資産に占める仮想通貨関連の投資の割合は10%程度、多くても20パーセント程度までにした方が良いと思います。

やはり、2009年のビットコイン誕生以降、仮想通貨市場は成長を続けているという事実には違いなく、少しでも資産ポートフォリオに含めることによって、その成長性の恩恵を享受するべきと考えるからです。未知を恐れる保守的な大人たちは、得てして新技術が出た時には「詐欺だ」「全く価値がない」と批判的な評価を下しますが、一方で新市場の成長性を取り込めないという事は大きな損失と言えます。

例えばビットコインに関しては、前述の通り、2017年の成長率はざっと+800%。まあ、そこまで成長率を毎年見込むことは、さすがに出来ないでしょう。しかし、仮にビットコイン価格の成長率が年50%だったとしても、十分です。資産の10パーセントを仮想通貨投資に割り当てるだけで、あなたのポートフォリオの成長率を5%も押し上げます。あなたの資産が100万円だとして、そのうちの10万円を仮想通貨に投資するだけでも、十分なリターンを期待できるのです。

ポートフォリオ全体の資産価値変動リスクをコントロールする

ただ、投資が仮想通貨オンリーですと、あまりにも価格変動を受けすぎます。中長期的には、一本調子で価格が上昇しているように見えるわけですが、1日で30%以上大暴落ということもあります。しかも、割と頻繁にあります笑。

資産に占める仮想通貨の割合が高いと、その変動をダイレクトに受ける事になりますが、これは常人では耐えられないような精神的ストレスです。私自身、身をもってそのストレスを体験しておりますが、「資産が一瞬で無くなるかもしれない」という感覚に襲われたり、相場が気になってしまい仕事が全く手に付かず、気づいたら相場をチェックしている、という状況になり兼ねません。

仮想通貨というのは、言わば「スパイス」です。メインの資産運用はあくまでも株式や投資信託、不動産などで行い、味付けとして仮想通貨も少量混ぜるくらいが丁度良いのです。スパイスの入れすぎは、料理の味を壊してしまいます。そう考えると、結構ローリスク・ハイリターンな投資対象だと思いますけどね。そして、もし数年間投資してみて、仮想通貨が有望な投資対象だと思えたならば、投資配分を少し増やせばよいのです。

仮想通貨投資による効能

また、仮想通貨投資を行うべきだと考える理由は、他にもあります。それは、「時流に乗り遅れないようにできる」という事です。

仮想通貨関連の情報・技術というのは、間違いなく現代テクノロジーやフィンテックの最前線です。仮想通貨にフルコミットしないまでも、少しでも投資しておけば無意識に情報収集するようになります。仮想通貨やブロックチェーンに対する情報感度が上がります。

最近は、ネットニュースでも大手新聞でも、毎日のように仮想通貨関連のニュースが出ていますが、日々情報収集を行っていれば、そうした記事の見方が明らかに変わってきます。

勉強という意味でも、仮想通貨投資の流れが更に加速した時に乗り遅れない為にも、予め準備を行っておくべきです。

まとめ

私も元々、資産運用の一環として仮想通貨投資を始めた訳ですが、明らかにフィンテック関連の情報感度が上がりました。むしろ今では、そうした情報収集や勉強の方がメインになりつつあるくらいで、「現在進行形で成長している、最先端の技術に触れている」という感覚は非常にエキサイティングで、楽しいです。

仮想通貨にのめり込み過ぎるのはやや危険な気もしますが、是非内側から仮想通貨投資に触れて欲しいと思います。